So-net無料ブログ作成

Microsoft Word 2016 による記号文字の入力・変換の不具合 [Word]

2016-09-22 本内容に記した C2R版 Word 2016 における記号文字の入力・変換の不具合は、以下のバージョンで解消されました。
Current Channel バージョン 16.0.7341.2032
Word 2016 のバージョン 16.0.7301.1019 32ビット
wd2016-kigou.jpg
-----------------------------------------------------------------------

Word 2013 以前のバージョンでは発生しないようですが、Word 2016 の記号文字の一部で、入力や変換のトラブルが起きているようです。

例えば
・「やじるし」と入力して変換をすると、⇒のように二重線の記号しか変換候補に表示されなかったり、太字の矢印に変換されるという現象。
・矢印 (→) 記号に変換・確定をして、再変換を行おうとしても再変換ができない。
・他の一部の記号文字でも同様の現象が発生する。
など。

最新の Windows 10 環境での記事を見かけますが Windows 7 環境でも発生しますので、おそらく Word 2016 のバグと思われます。
なお、昨年の年末近くに Office 2016 関係の更新が行われて、これ以降は本文でこの現象は発生しなくなり正常に入力・変換ができるようになりましたが、テキストボックス内で入力・変換時は最新のバージョンに Update 後も正常に変換ができません。

Word 2013 以前のバージョンではこの現象は発生せず、変換候補の表示・選択も可能で正常に変換することができます。
Word 2016 の日本語入力を行っている場合に、異常となる記号を入力時はステータスバーの言語が英語に変わります。Word 2013 以前では日本語のままで変わりません。

日本語入力システムが MS-IME、ATOK、Google IMEなど、どれを利用しても発生するようですが、現状は原因が不明なため、当面は以下のような方法で対応するしかなさそうです。
・メモ帳などの他のアプリで変換したものを、コピー&ドラッグなどで挿入/貼り付けする。
・[挿入] タブの[記号と特殊文字] や、IME パッドから記号文字を入力する。
・半角4桁の数字 2190~2193 (矢印記号文字の場合) と入力して、Alt + X を押して記号文字を入力する。
など。

Windows 10 を利用されている方は [ファイル] タブの [フィードバック] から、Office アプリの開発チームに問題点をフィードバックすることができます。
同じ現象のフィードバックが多いと修正が速まることも期待できるので、気づいた人はできるだけフィードバックをされると良いでしょう。

関連の記事
Word 2016で記号文字の再変換ができない
Word 2016 で「やじるし」と入力し変換(スペースキー)すると表示が消えて入力できない
Microsoft office 2016のWord2016についてわからなくて困っています
Word 2016の不具合




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 2

櫻田幹夫

ワード2016で→を選択して変換すると太くて短い矢印に変換される。
by 櫻田幹夫 (2016-04-19 22:36) 

s-zenba

Word 2016 の記号入力のバグのようなので、フィードバックをしてあります。
Windows 10 で使用されているようでしたら、フィードバックを行ってください。
同種のフィードバックが多いと、修正が速まるかもしれませんので。
by s-zenba (2016-04-22 00:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0