So-net無料ブログ作成

Word 2016 で以前のバージョンのワードアートギャラリーが表示されなくなった [Word]

Officeの最新のバージョンは2016ですが、Word のワードアートはバージョン 2010 以降から標準の形式がテキストボックスと同様の文字形式に変わり、描画ツールの[書式]タブで [3-D回転] や [文字の効果] の変形などを使用して文字デザインを行う方式に変わっています。
Word 2007以前のバージョンでは、最初にワードアートギャラリーが表示され、文字デザインを選択してから文字列を入力して作成する方式となっていました。

Word 2010 以降のバージョンで、以前のバージョンと同じように [互換モード] のワードアートギャラリーを表示して作成したい場合は、Alt→I→P→W の順にアクセス キーを入力すると、以前のバージョンと同様のワードアートギャラリーが表示され、標準モード(*.docx) の文書を作成・編集時にも、以前と同じデザインされた文字列を選択してワードアートを作成が可能でした。

Office 2016 の 2月の更新を適用した場合、Alt→I→P→W のアクセスキーを指定してもワードアートギャラリーが表示されず、文字列の入力が表示されるように変わってしまうようです。

文字列を入力すると、以前のバージョンと同じように図イメージのワードアート文字列が作成されますが、ワードアート ツールの[書式] メニューにギャラリーが表示されないため、デザインされた文字列として編集することができなくなってしまいます。

更新を適用する前までは、標準モード時もアクセスキーを指定して [互換モード] のワードアートを作成の場合は、ワードアート ツール [書式] タブのワードアートのスタイルに、ワードアートギャラリーが表示されていたので、デザインされた文字として編集することが可能でした。

2月の更新を適用した後は、[互換モード] のワードアートのスタイルには、ワードアート ギャラリーが表示されなくなるため、ギャラリーでデザインした文字列として作成・編集をすることができなくなります。
2017年10月に Office 2007 のサポートが完全に終了となったことで、以前のバージョンに対しての仕様変更によるのか、更新の不具合によるのか理由は不明です。

Office 2016の更新後に、標準形式の文書(*.docx)で、以前のデザインされた形式のワードアートを使いたい場合は、標準文書の他に、新規で97-2003形式の文書(*.doc) を開いて、[互換モード] でワードアートを作成したものをコピーし、標準形式の文書に貼り付けして使用するなどの対応が必要になってきます。


下図は、2月の更新後の標準モードの文書と、更新前または97-2003形式の文書で作成時の、[互換モード] のワードアートを作成した時のメニューの違いを示します。
標準モードの場合、Alt→I→P→W のアクセスキーで作成したワードアートのスタイルにはワードアートギャラリーが表示されないため、デザインした文字列に編集することができなくなります。

zu-068-1.jpg

下図は、標準モードでワードアートを作成する場合で、ワードアート文字列の作成後はワードアートのスタイルの [文字の効果] から、変形、3-D回転のオプションの 3-D書式、3-D回転などでデザインされた文字と同様のワードアートを作成することが可能です。

zu-068-2.jpg

下図は、互換モードと同様のワードアートアートギャラリーを選択できるメニュー画面ですが、2月の更新を適用する前までは標準モードの文書でも、以前のバージョンのアクセスキーの指定により表示されていたものです。
更新を適用後も、Word 文書を 97-2003 形式で保存するか、*.doc形式のファイルを開いて[互換モード]で起動した場合には、下図のように以前のバージョンと同様のメニューの表示をすることができます。

zu-068-3.jpg

下図は、標準のワードアートとアクセスキーの指定で互換モードの形式で作成したワードアートの例です。
標準モードの場合も、文字の色、グラデーションの設定、[3-D回転]、[変形]などの組み合わせでデザインした文字を作成できますが、互換モードのワードアートとは、テキストのオブジェクトと図イメージのオブジェクトと違いがあります。

zu-068-4.jpg


上記内容はクイック実行版の Office 2016 バージョン 1802 (ビルド 9029.2167)、Word のバージョン (16.0.9029.2106) 32ビット版で確認したもので、以下の情報により 1月30日の更新バージョンに戻した場合は使用できることを確認しています。

以前のバージョンの Office 2013 または Office 2016 クイック実行に戻す方法

----- 2018-3-28 追記 -----
上記の不具合について、マイクソフトにフィードバックしておいた所、現象を確認したと連絡がきました。
なぜこうなったかは不明とのことで、修正を行って完了したらメールで連絡するとのことでした。
連絡が来たらまた追記します。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。